まるさんかくな日々

離島の福祉課題に取り組む、精神保健福祉士・社会福祉士のブログ

学び続ける先に

様々なセラピー

障がいのある方の支援に携わる上で、

医療機関との連携は欠かせません。

 

治療、服薬、

より良い生活を送るための

大切な要素です。

 

しかし私は、

以前から西洋医学とは違った角度から

アプローチを行なう、

様々なセラピーについて

関心を持っています。

内観療法

アロマセラピー

ヨーガ療法

反射区療法(リフレクソロジー

等々。

 

リフレクソロジーに関しては

好きが高じて、

専門の学校で学び

神戸のサロンで、

リフレクソロジストとして施術に

携わった時期もありました。

 

今は、妻が実践している

ヨーガを学んでいます。

 

セラピーとともにある人生

ここ15年、

様々なセラピーに触れてきました。

妻との出会いもそんな中での

出来事がきっかけです。

 

f:id:maru-sankaku1:20180305214754j:image

 

西洋医学との融合

障害福祉、特に精神保健福祉に携わる中で、

西洋医学の長所、そして短所を

目の当たりにする機会が増えてきました。

 

熟慮した上での、

セラピーや伝統的療法の必要性を

強く感じています。

 

様々な療法が垣根を越えて合わさっていく、

そんな事例もこれからどんどん増えていくと思います。

 

夫婦の目標

高齢者の方、障がいのある方にも、ヨーガを用いてアプローチしている妻、

精神保健福祉士社会福祉士として、施設で障がいのある方と向き合う私。

 

同じ分野で高め合うライバルだと

私は勝手に思っています 笑

 

いつか、様々なセラピー、伝統的療法と医療・福祉の架け橋になるような仕事がしたい!

 

夫婦で出来たら幸せです。

f:id:maru-sankaku1:20180305221116j:image