まるさんかくな日々

離島の福祉課題に取り組む、精神保健福祉士・社会福祉士のブログ

最後の福祉士への挑戦

ここ10年の間に、社会福祉士精神保健福祉士という2つの福祉の国家資格を取得しました。

 

この度いろいろ迷ったのですが、3つ目となる介護福祉士にチャレンジすることに決めました。

 

近年、ルールが変わって実務経験3年以上を受験資格として介護福祉士の試験を受けるためには、

「介護職員実務者研修」というものを受講しなくてはならないとのこと。

f:id:maru-sankaku1:20180214193852j:image

今年から月数回、日曜日にスクールに通っています。

途中、インフルエンザで休んだりして少し遅れていますが、

今後順調なら3月で終了できそうです。

 

法人の人材育成を担当

一昨年より、所属する社会福祉法人の人材育成に携わっています。

 

階層別の研修体系を委員会でまとめたり、

研修講師として実際に、

みなさまの前に立たせてもらうこともあります。

 

法人には、看護師、調理員、送迎員など様々な職種がありますが、大多数は介護職員。

高齢者への支援、介護は法人内の仕事の中心です。

 

私の専門領域は、

障がい福祉や企業の労働問題、メンタルヘルスなどが中心です。

そのため、高齢者福祉、特に介護にはほとんど関わる機会がありませんでした。

さらに施設の中で過ごす、働くという感覚にもまだちょっと違和感があります。

 

介護について知らないことが多いのに、研修担当というのは自分でも気持ち悪い。

思い切って来年一月の介護福祉士に、

チャレンジすることを決めました。

 

法人の規定では、

これ以上資格手当が増えるわけでもなく、

資格マニアか!と、

思われるかもしれませんが、

あくまで、純粋な介護福祉への好奇心と、

未知との遭遇?です。

 

 

実務者研修、苦戦中

このような思いで受講を始めた実務者研修ですが、現在苦戦中・・・。

途中、投げ出したくなりましたが、

初心と支払った受講料を思い出し、もう少し頑張ってみたいと思います。

 

何が大変かと言う話は長くなるので、

別の機会に是非。