まるさんかくな日々

離島の福祉課題に取り組む、精神保健福祉士・社会福祉士のブログ

ちょっと自信がついた一日

f:id:maru-sankaku1:20180409215253j:image

東広島 月例会参加

昨日、フェリーで海を渡り

東広島市卓球協会の月例会という、

大会?練習試合?に参加しました。

 

 

先日の呉市の試合内容、

他、先週木曜の練習で今まで負けたことのない

中学生に負けたこと、

※勿論成長著しい時期なので

仕方ないですが…(^_^;)

等々。

 

最近、練習や試合に出始めたのですが、

思ったようにカラダが動きません。

サーブや守備は感触よいのですが、

攻撃が全く入りません。

学生時代は遥か昔、

練習も実戦からも離れていたので

当然かもしれませんが…。

負けた時の悔しい気持ちは、

中学生の頃と変わっていません。

 

やはり実戦が一番!!

そう思い、

月例会に参加しました。

当日の申し込みOK、

協会員でなくても参加OK、

とても有難い企画です。

 

メンタルトレーナー

久々に妻に試合を観てもらいました。

ついでにコーチングもお願いしました。

 

セラピストでありヨーガの師である妻に、

試合に勝てない今の自分を見てもらいかったからです。

 

試合は、

事前に1部、2部、3部を自己申告で

選ぶ形式でした。

初参加でよく分からなかったので、

とりあえず2部で申し込みました。

 

男女混合、ベテラン、大学生、高校生、

同年代など対戦相手は様々なでした。

ペン粒、シェークドライブ、カットマン、

色んなタイプと試合出来ました。

特にカット打ちは10年以上

練習してないので対戦出来て嬉しかったです。

 

妻からは、

攻撃が入らない事実を認めて

しっかり繋ぐ戦略を勧められました。

特に、相手に打たれ出した時に

カッとなって2球目や3球目で安易な

攻撃をしない!

我慢の卓球を意識しました。

 

表ソフトのナックルショートで

しっかり繋ぎ、チャンスが来たら

思い切り叩く。

ひたすら徹底しました。

 

スマッシュなど殆ど入りませんでしたが、

予選1位、

その後の決勝トーナメントで優勝出来ました。

攻撃が全くダメでも優勝出来る…。

変な感じですが、自信がつきました。

 

また、中盤の試合で学生らしき若い女の子に、

セットオール5対10まで追い込まれましたが、

粘り通して7本連続取って逆転できました。

これも自信になりました。

 

練習でも試合でも

攻撃ばかりに目が行きますが、

ナックルショートやブロックの重要性を

改めて実感しました。

 

一貫した助言

妻(トレーナー)の助言は常に

壁(壁のようなブロック)、つなぐ、 我慢

と、一貫しておりブレませんでした。

女の子に打たれ放題の時、

バーン!と力でゴリ押ししたい!

と思いつつも何とか我慢出来ました。

 

半分はトレーナーの勝利です。

半日以上、

私の不安定なメンタルと

マニアックな試合内容に

付き合ってくれたこと、

感謝したいと思います。

 

帰りは

はま寿司で祝ってもらいました^_^

 

お花見

f:id:maru-sankaku1:20180403224824j:imagef:id:maru-sankaku1:20180403224830j:image

 

お花見スポット

先日も紹介した、

近所の桜です。

この場所でお花見したかったのですが、

残念ながら椅子やシートを

広げにくい環境。

 

一度は妻と、

シートや椅子、

食べ物とお酒を持ってきましたが、

諦めてUターン。

 

認められる

迷いましたが、

ウチの庭で乾杯。

 

先日妻が、

所属しているヨーガの協会で行なっている

研究を認められる機会がありました。

夏には学会で、全国から集まる専門家の前で

発表を予定してます。

日々謙虚な姿勢で努力していれば、

必ず見てくれる人がいるのだと

改めて感じました。

乾杯!

 

ウチの景色が一番

f:id:maru-sankaku1:20180403220515j:imagef:id:maru-sankaku1:20180403220531j:image

遠くにチラッと桜も見えています。

いつも、

やっぱりウチからの景色が一番!

そんな結論に至ります。

 

ローストポーク、メンチカツ、

ウチで採れた野菜、ホガラカのパン達、

そしてサングリアと炭酸水。

14時くらいから乾杯し、

昼間からホロ酔いになりました。

 

幸せな一日をありがとうございます!

広告を非表示にする

年度末

f:id:maru-sankaku1:20180401070618j:image

近所の桜

この桜の木が満開になるのを、

毎年楽しみにしています。

 

大掃除

法人に勤めていると、

年末より年度末の方が

忙しくバタバタしてしまいます。

 

予算、事業計画は早々に終えました。

昨年度末は、

今期に向け、現業の整理に時間を掛けました。

今期は現業だけでなく

他事業との連携が鍵になります。

そのため、現業の無駄や非効率を徹底して省きました。

 

家の掃除は苦手ですが、

仕事の掃除、整理は嫌いではありません。

 

サービスの拡充

今期は、障害のある方が利用出来る

サービスの拡充と

そのための仕組み作りが大きなテーマです。

 

慎重に!時間掛けて!と

ご意見を頂くことも多々あります。

一方で長年、

サービスが拡充されることを

心待ちにされている方々が沢山います。

 

様々なご意見を尊重しながらも、

スピード感を持って進めたいと思います。

広告を非表示にする

呉の卓球大会 結果

ラケット色々迷ったが

昨日、呉市の卓球大会に出場してきました。

いつも練習でお世話になっている方に

団体戦に誘って頂き、

久しぶりの試合を楽しむことが出来ました。

f:id:maru-sankaku1:20180319213252j:image

 

ラケットは直前まで迷いましたが、

長年共に戦ってきた

マイラケット3にしました!

※しばらく眠らせていました。

 

f:id:maru-sankaku1:20180319195045j:image

オモテ面は回転系テンションの

レイストーム

しかし!

f:id:maru-sankaku1:20180319195141j:image

スポンジの厚さを薄にして

回転とナックルの両方を出せる

ようにしています。

 

f:id:maru-sankaku1:20180319195257j:image

裏面は

かつては世界の卓球の主流であった、

伝説の一枚ラバー コバルトα

 

この弾まないラバーを補うため、

 

f:id:maru-sankaku1:20180319195859j:image

ラケットはとにかく弾むモノを

選びました。

ニッタクのケブラーカーボン入り

ラケットです。

10数年前に購入したもので、

すでに廃番になっているそうです。

 

薄いラバーと弾むラケットが

独特な攻撃球を生み出します。

試合前のラケット交換では、

相手から怪訝がられるタイプの

組み合わせです。

 

不安定なため未だに

使いこなせずにいますが、

うまくハマった時は

落ちるスマッシュとブロックで

全国や実業団などで活躍した選手から

金星を挙げたこともあります。

格下にあっさりやられることも多々

ありましたが…。

 

予選は全勝

男女区別ない3人のチーム戦で、

予選はすべてベテランの女性選手でした。

 

女性選手、特にベテランの方々は

粒高、変化系表ソフトなど、

多種多様。

自分も人のこと言えないですが…。

 

久しぶりの試合で打球感が掴めないのと、

相手の変化攻撃に苦戦しましたが、

結果は、3試合

なんとかすべて3ー0で切り抜けました。

 

チームも全勝で決勝トーナメントへ!

 

ごまかしは通用せず

決勝トーナメントは、

急にレベルが上がりました。

パワーもテクニックもある

ペンドラの選手にガンガン打ち込まれます。

 

前半は表ソフトのいやらしさと

ごまかしが通用しましたが、

中盤から、

こちらの攻撃が

安定していないことを見抜かれて、

畳み掛けられました。

 

結果は

1ー3 で負けました。

 

予選、決勝トーナメント通して、

まともにスマッシュが入りませんでした。

追い込まれたら、

サーブとショートに逃げてばかりの状態。

 

薄いラバーで挑むという事は、

ある程度の練習量と

何がなんでもぶれずに前で打ち合う!

という強い意志が必要ですが、

どれも中途半端でした。

 

 

やはり実戦は甘くありません。

とても悔しいです。

 

今年は沢山試合します

やはり、

実戦が大事です。

社会人になり練習量も少ないですが

なにより十数年、

ほとんど実戦経験を積まなかったのが

痛いところ。

 

今年は、

近隣の様々な試合に出て

鈍った体と攻撃出来ない弱気なメンタルを

鍛え直します。

 

トライアスロン

ヨーガ、

どれも修行中です。

広告を非表示にする

人に高下無し 心に高下有り

心のざわつき

私の身近で、特に同世代の

大抜擢、昇進等を見聞きする機会が

重なりました。

 

以前いた会社で、

同じ役職だった元同僚が

本社の部長 兼 グループ会社の社長に

なっている事を知りました。

そんなような話が、いくつか重なりました。

 

すごいな、大変だろうな、

と思いつつ、なぜか心がざわつきます。

 

また、最近テレビなどで、

同世代が活躍している、社長だ、

なんとか賞だと聞くと

変な焦りの感情が生まれてしまいます。

 

目に見える成功?

東京にいた時は

事業目標の達成、

昇進、収入アップなど、

目に見える成功?らしきものに

モチベーションがありました。

 

しかし、

様々な経験やストレスから

そのようなものと決別して生きていきたい!

と思い、大崎上島にやってきました。

 

昇進を争うこともない、

事業拡大のプレッシャーもない、

目の前の課題にのみ向き合える、

そんな世界に私は今、身を置いています。

 

反応してしまう

移住した時、

一旦は人生と心の中の

断捨離を行なった気分でいました。

 

しかし、

今も心の奥底では、

収入、地位、業績の大小で

物事の価値を判断してしまう

気持ちがあります。

 

自分からそのような世界から

距離を置いたにも関わらず、

他人の活躍を見聞きすると

ふと、反応してしまい

孤立感や妄想に頭が乗っ取られる

瞬間があります。

 

妻のヨーガ教室にて

今日はこのような妄想を抱きながら、

妻のヨーガ教室に参加。

 

ヨーガの智慧として、

「人に高下無し 心に高下有り」

という言葉を学びました。

 

私たち自身の価値は、

社会における収入や、地位の上下に

あるのではなく

心の善し悪しにある、

そういった智慧の教えです。

 

心に注意を向ける

地位や収入など、

目に見える価値ではない

心の善し悪しに注意を向けてみる・・。

 

何千年も前から、

人は同じような悩みや課題と向き合って

生きている。

そのように考えると、

孤独だと思っている人間の社会に

一体感を感じることが出来ます。

 

いつも私に気付きを与えてくる、

そんな金曜夜のヨーガ教室です。

f:id:maru-sankaku1:20180316233811j:image

 

人材採用~育成の課題

共通の課題

www.fukushishimbun.co.jp

今年1月の有効求人倍率

1.59倍(正社員1.07倍)という高い水準を維持する中、

 他の産業同様、福祉の世界にも人材不足の波が

押し寄せています。

人材獲得、その後の育成はどの組織においても最大の課題だと思います。

 

 

危機が迫っているのに・・・。

www.works-i.com

上記の研究機関の調査によると、

企業の正社員100人に対する人事部門の人員は1.9%、

100人に対して2名ほどの配置が

平均となっています。

 

実際、福祉系の法人や事業所では、

そこそこの規模であっても

専任の人事担当を置かないケースも多いのではないでしょうか。

 

「人事に人を割くくらいなら、介護現場に回した方がよい!!」

といった目先の判断や、

「人事部門が出来ることで、自分の権限が縮小されてしまうのでは?」

といった共同体的組織の管理者に有りがちな感情論も、

少なからず存在しているようです。

 

そんなことをしている内に、

人材確保はますます難しくなり、先に仕組みを構築した同業他社には

大きく差をつけられてしまうでしょう。

 

採用~人材育成は本当に面白い!!

以前東京の企業でマネジメント職に就いていた頃、

150人規模の新規事業の採用担当を任されました。

 

事業開始までの期間がタイトで、

求人媒体の調整、学校廻り、面接(場合によっては出張面接)等々。

短い間に様々な人間と、

会社案内や労働条件のみならず、

人生観や生き様などを真剣に話せた時間は

貴重な体験でした。

 

人材の確保が一段落つくと、今度は

正社員、アルバイト・パートの導入研修が始まります。

新規事業のため、教育マニュアルも一からのものが多く、

現業との両立でパニックに近い状態です。

 

それも終わって今度こそホッとしていると、

世間ではバイトテロ事件がメディアを騒がせ始めました。

※当時コンビニの冷蔵庫に入ったり、メニューにない変な牛丼を作ったりして、

SNSにアップするような事件?が多発していました。

 

また、開始のバタバタから事業が安定してくると、

人間関係の問題等も徐々に表面化し、

メンタルヘルスの取り組みも必要になってきました。

 

これらの課題に対応するため、

社内ではリスクマネジメント室が立ち上がり、

社労士らとともに運営に関わりました。

 

大変な思いもしたのですが、

私がこれまで担当した仕事の中で、

人材採用~育成というのは本当に面白かった!!と

今も思います。

 

企画、営業、メンタルヘルス、など

様々な要素を経験出来る、また活かせる仕事。

人の育成に関わり、自身も鍛えらえた気がします。

 

f:id:maru-sankaku1:20170529212509j:plain



今そこにある課題

今所属している法人でも、

プロジェクトのリーダーとして人材育成に携わっています。

障がい福祉事業のマネジメントが中心任務の為、

専任ではないのですが

何とか限られた時間の中で、

仕組み作りに手を付けたいです。

 

日々島の人たちに支えられ、恵みを享受している私。

「土の人」ではありませんが、「風の人」だからこそ、

出来る何かがあると思っています。

 

歩くこと

歩く =  今日の仕事

今日は一日

散歩して過ごしました。

施設の日中活動で、

利用者さんともに朝から2回、

午後にも1回歩きました。

 

利用者さんも、

同じコースの方が日課の方、

たまに違ったコースに行ってみたい方、

ゆっくりの方、たまに走る方、

様々で、日々新しい発見があります。

 

f:id:maru-sankaku1:20180310203923j:image

季節外れの海の家

 

f:id:maru-sankaku1:20180310205238j:image

f:id:maru-sankaku1:20180310205302j:image

f:id:maru-sankaku1:20180310205327j:image

軽い山道を越えて海へ

 

自然の中を歩く。

シンプルで原始的な行為ですが、

心と体に心地よい安らぎを

与えてくれます。

 

帰ってから妻と

帰ってからは、

妻と自宅周辺を歩きました。

f:id:maru-sankaku1:20180310211118j:image

夕焼けを見ながら、

妻と一緒に

公園で5本ほどダッシュ

 

帰り道に、

ご近所のいつもお世話になっている方に

大根と色んなミカンを頂きました。

f:id:maru-sankaku1:20180310211434j:image

f:id:maru-sankaku1:20180310211457j:image

f:id:maru-sankaku1:20180310211608j:imagef:id:maru-sankaku1:20180310211614j:image

 

いつも気にかけてくださったり、

支えてくださる皆様、

本当にありがとうございます。

 

歩くことで

様々なものが得られた

一日でした。

 

広告を非表示にする