まるさんかくな日々

離島の福祉課題に取り組む、精神保健福祉士・社会福祉士のブログ

マネジメントクラスの人材不足

書店の福祉専門書コーナー

書店の福祉専門書コーナーを覗くと、

経営に関する書籍もいくつか見られます。

事業所運営の手引きや、ケアマネジメント系のものは多くみられますが、

ビジネス数字(利益や人件費等)に関する書籍は極端に少ない印象があります。

 

※売れない(ニーズが少ない)から発売、書店に展開されないという側面もあるでしょう。

 

その中で、

『介護危機』は、社員900人以上の介護事業会社を経営する著者が、

実践と経験に基づいた経営観を記しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

介護危機 「数字」と「現場」の処方箋 [ 宮本剛宏 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/2/23時点)


 

業界を切り開く実践者であるからこその

内容、表現、

とても刺激になりました。

 

マネジメントクラスの人材不足

著書の中で、

介護業界の人材不足についての言及が

あるのですが、共感できたのが、

現場(介護職員やヘルパー等)の

人材不足だけでなく、

マネジメントクラス(事業のリーダー、管理者等)の

 福祉の現場に携わる人が、マネジメント職を避けている点、

そもそも組織にマネジメント職を育てる仕組みがない点などが挙げられています。

 

私の所属する法人でも、

昨年やっと、リーダー、管理職向けの研修を初めて実施しました。

それまでは法人組織として、マネジメント教育を行う仕組みがありませんでした。

個々の努力によるものだけでは、

個人差が大きくなり

部署や事業によってマネジメント力や質に

差が出る可能性があります。

これは、福祉業界全体の課題かもしれません。

 

 人材育成

私も法人の人材育成・研修を担当している

ので、書籍を読みながら、

共感しつつも危機感を募らせております。

他所からバリバリのマネジメント経験者を

引っ張ってきて、

次々に難題を解決してくれる!

といった都合の良い状況があるとは

限りません。

 

人材育成の仕組みを強化し、

地道に現場の人材、マネジメント職、

専門職等を育てていくことが大切です。

 

今月末は、

人材育成に関わる委員会があります。

来年度の研修計画などを決めます。

 

福祉業界の状況も日々変化しています。

変化に対応出来る人材を育成する…。

 

来年度に向け、

思い切って仕掛けていきます!

 

与えられた役割

畑が我が家の野菜室

妻は、うちの野菜室は畑にあると

いつも言っています。

f:id:maru-sankaku1:20180220222204j:image

ミックスレタス

f:id:maru-sankaku1:20180220222236j:image

小松菜

f:id:maru-sankaku1:20180220222402j:image

キャベツ

f:id:maru-sankaku1:20180220222417j:image 

白菜

f:id:maru-sankaku1:20180220222447j:image

スティックセニョール

 

これらの野菜が、

今日の朝食兼、

昼食です。

f:id:maru-sankaku1:20180220223116j:image

 

昼食は我が家の最高の景色を見ながら、

頂きました。

f:id:maru-sankaku1:20180220223929j:image

 

都市部での成長と消耗

都市部の企業にいた頃、

まだ何者でもない若者だった私は、

所属の部門で成果を出したことで、

経営陣からチャンスをもらい

幹部に抜擢されました。

※努力と運、両方があったと思います。

 

関西の支店長→

東京本部のマネージャーと

次々役職が上がりました。

 

担当するクライアントも、

大手の幹部クラスが相手になりました。

また、統括する部門は、

営業、人事採用、教育、メンタルヘルス

と多岐に渡りました。

 

幹部に抜擢された数年で、

自分が何者かも分からかった若者は、

様々な経験を積み、

もの凄いスピードで成長しました。

 

ただ、この急激な環境の変化に、

メンタルがついていけなくなりました。

また、終電間際まで働き、

休日も会社携帯とメールが

鳴りっ放し、

責任へのプレッシャーが重なり、

どんどん疲弊していきました。

 

「地方でのんびり暮らしたい!」

NHKのベニシアさんの番組を観ながら、

畑作業、地域おこし、カフェなどなど・・。

ある時から、そんな幻想を抱くようになり、

気がついたら大崎上島に漂着していました。

※ここら辺の経緯は、

いずれもう少し詳しく書きたいと思います。

 

新たな課題

都市部でのプレッシャーから解放された私は、

どんな島暮らしをしようか、

ゆるい妄想を抱いていました。

 

しかし、今も所属している

福祉系の法人の業務に携わる中で、

島の複雑な福祉課題が見えてきました。

本当に困っておられるクライエントを

目の当たりにし、

何か自分に出来ることはないか?と、

考えるようになりました。

 

そんな中、法人から

これまでの専門職、マネジメント職の経験を

活かして、

課題解決に力を尽くして欲しいと

打診がありました。

結果的に、

一度は手放したマネジメント職が、

このような形で戻ってきました。

 

なんとなく、

大崎上島への移住を決めましたが、

自分の使命というか、役割というか、

巡り合わせなんだろうな、

と感じています。

 

今は難しい課題にチャレンジする毎日に、

とても充実感を得ています。

 

ステキな田舎暮らしは妻が実践

当初妄想していた田舎暮らしは、

ヨーガインストラクターの妻が

実践してくれてます。

キレイな庭、

たくさんの野菜に囲まれた畑、

地域のイベントへの参加、

ご近所さんにも良くしていただいてる様子。

 

私は

なかなか一緒に出来ない事もありますが、

妻の話を聴いているだけで、

自分のことのように嬉しくなります!

 

私たち家族を応援してくださる皆様、

いつも本当にありがとうございます!

広告を非表示にする

静かな海岸

 

大串海岸

今日は仕事で

大串海岸に立ち寄りました。

f:id:maru-sankaku1:20180219184530j:image

f:id:maru-sankaku1:20180219184536j:image

f:id:maru-sankaku1:20180219184556j:image

誰もおらず静かで、

きれいな海です。

大崎上島の財産ですね!

 

まだまだ寒く、

6月のトライアスロンで泳ぐイメージが

全く湧きません 笑

 

スイムはともかく、

苦手なバイクはそろそろ

練習始めたいです。

 

 

 

広告を非表示にする

苦手な事と向き合う

始発のフェリー

今日は、介護職員実務者研修5日目、

医療的ケアについて学びます。

広島市内での受講のため、

始発のフェリーで島を出ます。

f:id:maru-sankaku1:20180218061446j:image

f:id:maru-sankaku1:20180218061453j:image

まだ、港周辺は真っ暗です。

 

苦手意識との戦い

実務者研修を受講する中で、

介護の仕事が指示や手順を正確に実行し、

人の命を守る仕事だということを

改めて実感しています。

 

昔から、

理科の実験、

部活、

車の運転免許など、

実技的なものや手順の複雑なものが

凄く苦手。

まわりの人より10倍つまずいてしまいます。

 

例えば、

走ったり、泳いだりは割と得意だが、

野球やバレーは、ルールや連携が難しく、

まったくダメ!

みたいな感じです。

 

実務者研修は、まさに実技の連続。

毎回苦痛で、受講の前日になると、

休む言い訳を考えています 笑

 

とても、社会福祉士精神保健福祉士

過酷な試験と実習を乗り越えたとは思えない、

メンタルの弱さ・・・。

 

私のヨーガの師でもある妻は、

「苦手意識との戦い」

「過去へのとらわれとの決別」

と助言、というか尻を叩いてくれます。

受講の前日はいつもこどもみたく

大騒ぎして、

妻に迷惑をかけてしまってます。

 

社会人となり、

ある程度年数が過ぎ、

自分の得手不得手を意識するようになりました。

30代に入って

マネジメント職に携わるようになってからは、

業務効率、適材適所を優先し、

苦手を回避する配置を

組んでしまいがちです。

 

今回の実務者研修は、

今の私には良い試練なのかもしれません。

そう自分に言い聞かせ、

今日も頑張ってきます。

 

広告を非表示にする

金曜はヨーガの日

マインドフルネス

毎週金曜日の夜、

妻がインストラクターをしている、

ヨーガ教室「穏やかヨーガ」に

通っています。

f:id:maru-sankaku1:20180216213653j:image

開発センター 和室

 

マインドフルネス、

今あらゆるところで耳にする言葉。

ヨーガを実践することで、

身体的、精神的にも体感できます。

まだまだ未熟、理解も浅いですが、

継続したいと思っています。

 

穏やかヨーガ

「穏やかヨーガ」は、

ハードなポーズや動きだけではなく、

瞑想やリラクゼーションの要素を

大切にしている様です。

※個人的感想

 

週末に、

一週間溜まった毒素を

じわじわとリセットする様なイメージです。

家ではついつい甘えが出てしまい、

集中できませんが、

教室は生徒さん達の意識も高く、

集中しやすい環境です。

f:id:maru-sankaku1:20180216213655j:image

環境はとても大切です。

 

広告を非表示にする

木曜日の夜は卓球の日

新しいラバーが届く

木曜日は卓球の日。

今日は会議が続き、18時半までの勤務。

会議が終わると誰にも話しかけられない様、

気配を消して素早く帰宅!

自宅の郵便受けには、

なんと楽天で注文した新しいラバーが!

f:id:maru-sankaku1:20180215224907j:image

ニッタクの表ソフトラバー

センレイ

 

練習は19時半なので時間がありません。

でも、

どうしても試したいので

急いで檜単板ラケットに貼り合わせて、

妻の用意した夕飯を食べて、

練習に向かいました。

 

旧西野小学校で練習

19時半から、毎週練習しています。

とはいえ、行けないことも多く、

今年はまだ3回目。

 

大崎上島は8000人弱の小さな島ですが、

卓球が盛んで、

全国大会クラスの人も何人かいます。

島内にある広島商高専は、

高専の全国大会でトップクラスの実力にあるそうです。

そこのOBや指導経験のある方も、

木曜日の練習に来ています。

 

今日はよくカラダが動いて、新しいラバーもしっかり試せました。

直前まで貼っていたスペクトルと比べると、

スポンジとシートがかなり硬いです。

さすが中国ラバー?!

イヤらしいナックルボールになりますが、

滑りもあり、思わぬミスもありました。

強打はよく入りましたが、掴む感覚が弱く、

あれっ?入った!という感じです。

イヤらしさと使いやすさ、

表ソフトの永遠の課題です。

本番の試合には、まだまだ遠い感覚。

3月に試合があるので、それまでに方向性を定められたらと思います。

 

帰ったら体重が・・・。

強豪に鍛えられ、

2時間の練習後は毎回体重が激減。

今日は体重がマイナス1キロ、

体脂肪は久々の8%台に!

 

皆さま、いつもありがとうございます。

最後の福祉士への挑戦

ここ10年の間に、社会福祉士精神保健福祉士という2つの福祉の国家資格を取得しました。

 

この度いろいろ迷ったのですが、3つ目となる介護福祉士にチャレンジすることに決めました。

 

近年、ルールが変わって実務経験3年以上を受験資格として介護福祉士の試験を受けるためには、

「介護職員実務者研修」というものを受講しなくてはならないとのこと。

f:id:maru-sankaku1:20180214193852j:image

今年から月数回、日曜日にスクールに通っています。

途中、インフルエンザで休んだりして少し遅れていますが、

今後順調なら3月で終了できそうです。

 

法人の人材育成を担当

一昨年より、所属する社会福祉法人の人材育成に携わっています。

 

階層別の研修体系を委員会でまとめたり、

研修講師として実際に、

みなさまの前に立たせてもらうこともあります。

 

法人には、看護師、調理員、送迎員など様々な職種がありますが、大多数は介護職員。

高齢者への支援、介護は法人内の仕事の中心です。

 

私の専門領域は、

障がい福祉や企業の労働問題、メンタルヘルスなどが中心です。

そのため、高齢者福祉、特に介護にはほとんど関わる機会がありませんでした。

さらに施設の中で過ごす、働くという感覚にもまだちょっと違和感があります。

 

介護について知らないことが多いのに、研修担当というのは自分でも気持ち悪い。

思い切って来年一月の介護福祉士に、

チャレンジすることを決めました。

 

法人の規定では、

これ以上資格手当が増えるわけでもなく、

資格マニアか!と、

思われるかもしれませんが、

あくまで、純粋な介護福祉への好奇心と、

未知との遭遇?です。

 

 

実務者研修、苦戦中

このような思いで受講を始めた実務者研修ですが、現在苦戦中・・・。

途中、投げ出したくなりましたが、

初心と支払った受講料を思い出し、もう少し頑張ってみたいと思います。

 

何が大変かと言う話は長くなるので、

別の機会に是非。